クレジットカードセレクション > ケータイ系カードの比較

クレジットカード ケータイ

コンビニを主戦場。ケータイがマネーの中心に

06年はおサイフケータイが躍進した年。ケータイに電子マネーが続々と取り込まれた。おサイフケータイに対応する電子マネーの規格は、大きなものだけで5つに上る。ピットワレットの「楽天EdyとJR東日本の「Suica」はプリペイド(先払い)の電子マネー。NTTドコモと三井住友カードが推進する「iD」や、JCBの「QUICPay」、ビザ・インターナショナルの「Visa TOUCH」はポストペイ(後払い)のケータイクレジットだ。このように乱立状態の”ケータイマネー〟だが、07年は使える場所が急激に増える。ローソン、ミニストップなど大手コンビニチェーンが、iD、Suica、楽天Edyなど、複数の規格に対応した決済端末を展開予定だ。さらに、ガソリンスタンドや高速道路のサービスエリア、スキー場など、至るところでケータイマネーが使えるようになる。店頭でケータイをかざすだけで買い物ができるという点では変わりのないプリペイドとポストペイだが、加入条件や決済方法などに違いがある。プリペイドは、ケータイに対応したアプリをインストールすればすぐにでも使用が可能。ケータイの機種によっては、楽天Edy対応のアプリなどがプリインストールされているものもあり、簡単に使い始められる。ただし、プリペイドでは、使用前にあらかじめ店頭での入金、クレジットカードや銀行口座からのオンラインでのチャージが必要。銀行口座からのチャージは、手数料がかかる場合がある。残金がなくなれば買い物はできない。一方、ポストペイのケータイクレジットは、プリペイドのように事前にチャージする必要はなく、クレジットカードと同様に、使ったぶんだけ後から請求される仕組みだ。ただし、ケータイで利用できるように準備するまでには、ひと手間かかる。ケータイクレジットの利用を始めるのに必要なのは、おサイフケータイと、各ケータイクレジットに対応したクレジットカード。対応するクレジットカードを持っている場合は、申込書で、あるいはウェブサイトからケータイで利用できるように申請。その後、届いたパスワードなどを用いて対応アプリをダウンロードし、初期設定をすれば使えるようになる。対応したクレジットカードを持っていない場合には、まずカード自体の申し込みが必要となる。

モバイルSuicaは伸び悩みで、方針大転換

06年1月に導入された「モバイルSuica」は、当初ビューカード以外のカードでチャージできない方針を取ったのが災いし、汎用性の低さから会員数が伸び悩んだ。しかし、06年10月からは、ビューカード以外のカードにも対応。さらに、クレジットカードのいらない「EASYモバイルSuica」サービスも始まり、敷居が低くなった。楽天Edyは、クレジットカードによってはチャージに非対応のものや、カードのポイントが得られないものなどがあるが、難しい手続きは不要で、誰でも簡単に使えるのが特徴だ。こうしたプリペイドに比べて、ポストペイのケータイクレジットを利用するには、設定の煩雑さや加入制限などといった敷居の高さをどう克服するかが一つのポイントになる。iDやVisa TOUCH、QUICPayなどに対応したクレジットカードを持っていたとしても、規格にかかわらず、ポストペイの導入には手間がかかることに変わりはない。少しでも気軽にケータイクレジットを始めたいなら「DCMX mini」が便利。月々の利用限度額は1万円と少額だが、1モードから申し込みができてすぐに使い始められる。クレジットの利用額がケータイの利用料とともに請求されるので、簡便だ。さらに特徴的なのは、12歳以上から利用可能で、クレジットカードを作れない未成年でも使えること。ただ、使えるのはドコモのユーザーに限られる。ドコモの端末にDCMXのアプリが標準搭載されているのに対し、auのケータイにプリインストールされ始めたのがQUICPayだ。少額決済に特化した規格で、1回の買い物に利用できる上限額が2万円となっている。対応するクレジットカードは、JCBやトヨタファイナンスなどが発行するカードが中心。ただし、JCBの提携カードでは非対応のものもあり、順次対応していく予定だという。キャリアとの結び付きを強める2規格に対し、Visa TOUCH陣営は現状ではやや劣勢だ。もともとはUFJニコスの規格だった「Smartplus」をもとに、ビザ・インターナショナルがVisa TOUCHを展開。現在、UFJニコスはVisa TOUCHに準拠する形でSmartplusを展開している。ケータイには今のところプリインストールされておらず、利用するにはアプリをダウンロードする必要がある。

各社、加盟店開拓を急ぐ現状ではiDがリード

普及の行方は使える店がどこまで広がるかに懸かっている。ケータイマネーのなかでも、加盟店開拓で先行してきたのがプリペイド。Suicaは〝駅ナカ”だけでなく、コンビニエンスストアや書店など、"街ナカ"でも利用できる店舗が増えている。楽天Edyも、コンビニやスーパー、居酒屋や百貨店などで使える機会が増えてきた。これを追うように、ケータイクレジットを利用できる店も急増中。一歩リードしているのがiDだ。急速に加盟店を増やしており、一部コンビニはすでに対応を開場サークルKサンクスやファミリーマートなども全店に導入予定で、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの量販店やタワーレコードなど、利用可能店舗が増えている。ドコモが展開するiDブランドのケータイクレジットサービス、DCMXは、06年4月のサービス開始から半年余りで契約件数が100万を突破。NTTドコモは「コンビニからタクシー、100円ショップまで、これからは少額でもクレジット利用が一般的になる」と力説する。こうした流れに拍車をかけそうなのが、セブン-イレブンを展開するセブン&アイ・ホールディングスの動き。同社は独自規格の電子マネー「nanaco」をセブンーイレブンで07年春から導入するのに向け、新型POS端末のセブン全店への配備を㈹年秋から進めている。実はこの端末、nanacoはもとより、楽天EdyやSuica、iD、QUICPayやVisa TOUCHといった現行のケータイマネー規格すべてに対応できる仕様になっている。07年春からは、まずnanacoの利用を可能にして初年度1000万枚の発行を目指すが、07年秋ころから順次、そのほかの規格での支払いが可能になる予定だ。ケータイマネーの利用を、"リアルなマネー"同様に広げるには、規格に左右されることなく、どの店でも使える環境づくりが不可欠。全国約1万1000店を展開するセブン-イレブンの本格対応開始が、ケータイマネーの爆発的普及の発火点になる可能性は大きそうだ。

プリペイド
電子マネーには大きく分けて、前もって入金しておく「プリペイド」と、使ったぶんだけ請求される「ポストペイ」の2つがある。ケータイで使うにはどちらも専用のアプリが必要。また、ポストペイでは事前に対応するクレジットカードが必要で、誰でも加入できるというわけではない。プリペイドでは、ピットワレットの「楽天Edy」とJR東日本の「Suica」をよく見かける。どちらもカード型から始まり、ケータイでも利用ができるようになった。楽天Edyはおサイフケータイに対応アプリさえ入っていればすぐに利用可能。プリペイドの場合、残金が足りないと使用できず、こまめにチャージする必要がある。
楽天Edy(ピットワレット)
全楽天Edyの2割がおサイフケータイ対応クレジットカードの拡大を急ぐ
ケータイに搭載された最初の電子マネー。当初は利用者数が伸び悩んだが、ANAマイルとの連携で拡大した。今では400万台以上のケータイで楽天Edyアプリが登録されている。使える店舗が多く利便性は高い。ただ、チャージに対応していないクレジットカードもあり、注意が必要。今後順次広げていくという。
対応カード・発行会社
●OMCカード●オークス●オリエントコーポレーション ●クレディセゾン●JCB●ジャックスカード●セントラルファイナンス ●ソニーファイナンス●Diners●DCカード●トヨタファイナンス ●ニコスカード●UFJカード(JCBブランドを除く)●VJAグループ ●三井住友カード●はくせんカード●Yahoo!JAPANカード ●UCカード●UCSカード●ゆめカード●LIFEカード●楽天KC
注)JCBは一部カードのみ対応。シティカード、横浜バンクカードは非対応
Suica(JR東日本)
チャージ対応カードが急拡大入会の敷居を下げ、拡大狙う
06年1月開始のJR東日本「モバイルSuica」。利用できるのはビューカード所有者に限られていたため会員数は伸び悩んでいた。そこで昨秋、方針を転換。現在ではほとんどのクレジットカードに対応、さらに、クレジットカードがなくても利用できる「EASYモバイルSuica」を始めるなど、敷居が下がった。
対応カード・発行会社
●ビューカード●JCB ●Visa ●MasterCard ●AMEX ●Diners
ポストペイ
ポストペイには三井住友カードとドコモなどが推進する「iD」、ビザ・インターナショナルやUFJニコスの「Visa TOUCH」、JCBが中心の「QUICPay」の3規格がある。対応したクレジットカードを持つことが条件で、ケータイを“子カード”として用いる。ただし、iDブランドでドコモが提供する「DCMX」は、おサイフケータイさえあれば利用を申請できる。
Visa TOUCH(ヒザ・インターナショナル)
クレジットカードの巨人Visaが参入。年間で利用者500万人を目指す
UFJニコスが開発した「Smartplus」の技術提供を受け、ビザ・インターナショナルが推進するケータイクレジット規格。3年後の09年末までに国内で利用者500万人、加盟店30万軒を目指す。クレジットカードとしては、国内発行枚数が8500万枚に達する
Visaブランド。今後Visa TOUCH対応クレジットカードが急増する可能性もある。
Smartplus(UFJニコス)
Visa TOUCHと互換。急拡大の可能性も
もとはUFJニコスの独自規格。Visa TOUCHに準拠し、Smartplusという名称でサービスを相互に互換性がある。

対応カード・発行会社
【Visa TOUCH】
●UFJニコス(ENEOS NICOS Visaカード、シェルスターレックスカード、E-NEXCO(Visa)カード、ママイLaVieカード)
今後、セントラルファイナンス、ジャックス、すみしんカード、スルガ銀行のVisaブランドカードなどが対応予定

【Smartplus】
●UFJニコス(JCBブランドを除く)
●DCカード

QUICPay(JCB)
au端末にプリインストール。ドコモ韓営と火花散らす
JCBが中心となって推進するケータイクレジット規格。現在、トヨタファイナンス、オリエントコーポレーションなど、様々な発行会社が対応している。au端末にもプリインストールされており、ドコモ陣営に対抗する。
対応カード・発行会社
●JCB(一部提携カードを除く)●トヨタファイナンス ●クレディセゾン(KDDI THE CARDのみ) ●セントラルファイナンス
●UFJカード(KDDI THE CARDのみ) ●オリエントコーポレーション ●OMCカード ●セブンカード ●札信販エスコートカード
iD(NTTドコモ、三井住友カード)
ケータイ利用に特化し、業界標準を狙う。少額決済に限らず、メインカード化を目指す
ドコモが立ち上げたケータイクレジットブランド。05年末第1弾として三井住友カードがサービスの提供を開始した。当初は利用可能なカードが少なかったが、現在ではドコモが自ら発行するDCMXやクレディセゾン、イオンクレジットサービスなど、対応カードが広がっている。
DCMX(NTTドコモ)
端末プリインストールで急速に拡大
ドコモが提供するiD準拠のサービス。「DCMX mini」は12歳以上ならば利用が可能。iモード経由で入会でき、利用額ケータイの利用料と一緒に支払う仕組みなので簡便だ。
対応カード・発行会社
●三井住友カード ●イオンクレジットサービス ●みずほマイレージクラブカード(《セゾン》、UCカード) ●VJAグループ

万人向けのSoftBankカードか。auユーザーなら提携クレジットカードが得

「年会費完全無料」「ポイント還元率1%」「電子マネーチャージでもポイント付与」。大手3キャリアのうち、これを満たすのが「SoftBankカード」と「auじぶんCardセゾン」。どちらも還元率は約1%と高めなうえ、楽天Edy、モバイルSuiCa、nanacoなどのさまざまな電子マネーチャージでもポイントが得られる。キャッシュバックに対応するのもこの2枚の強み。SoftBankカードはカード利用代金に充当できるので気軽に使える。auじぶんCardはキャッシュバック先をじぶん銀行にしか指定できないが、au料金(KDDI利用料金)には充当できる。NTTドコモの「DCMX」は、基本の還元率が0.5%程度と、他の2枚に譲る。電子マネーへのチャージでポイントが付かない点も見劣りする。それぞれのキャリアユーザー向けに特典があるのがクケータイカード″ならではの魅力。SoftBankカードとDCMXには、ケータイの全損時などに購入費用の一部(最大1万円)が補償されるサービスが付く。対してauじぶんCardは、端末補償は付かないものの、au料金のカード払いでは還元率が最大3%に高まる。結果として、各キャリアのユーザーは、それぞれの提携カードを持っておいて損はない。そのなかでもSoftBankカードとauじぶんCardなら、キャリアユーザーでなくても入会する価値は十分にある。

コーナー DCMX

ドコモユーザー必携。継続利用者ほどポイントがたまる
クレジットカード払いでもおサイフケータイのiD払いでも、ドコモポイントがたまる。通常の還元率は200円で1ポイント、すなわち0.5%だが、入会後3カ月間はポイント3倍。その後は毎週日曜日がポイント3倍となる。クレジットカードが使えないコンビニでも、iDでしっかりポイントが獲得できる。当然、携帯電話料金の支払いもDCMXがお得で、端末の分割代金やiモード情報料(いずれも銀行口座引き落としでは対象外)にもポイントがつく。10年以上の継続利用者なら、100円につき4.5~7.5ポイントが付与されてたまりやすい。ためたポイントは、ドコモプレミアクラブのDCMXコースに移行。携帯の機種変更代に使えるはか、商品券やクーポン、マイル交換(ANA、JALとも5000ポイント=2000マイル)も可能。

矢印 NTTドコモ
DCMX
(NTTドコモ)
国際ブランド Visa
年会費 ○ 1250円(税抜)(初年度無料。2年目以降も年間1回でも利用すれば無料)
ポイント実質還元率   ○ 3~6% (ケータイ料金に対して)
ポイントの付き方 ■ポイントの付き方:200円→1p(毎週日曜はポイント3倍。お得情報メールの設定が必要)。年間20万円の利用でボーナス500p、以降10万円ごとに500p
■ポイントの使い方:2500p→20の円のDCMX(iD)クーポンに交換(ドコモプレミアクラブのプレミアステージ会員なら2300円)、ドコモポイントに移行し100p→100円としてケータイの機種変更などの値引きに利用可能
ポイントの使い方 100円→1p(ドコモプレミアクラブに加えて)
ポイントの移行先の多さ 3ヶ所(NTTドコモ、ANA、JAL)
旅行傷害保険の手厚さ × なし
電子マネーへの対応 鉄道系 △ 楽天Edy(0%)、モバイルSuica(0%)、SMART ICOCA(0%)
その他 ○ iD
海外アシスタンスサービスの充実度 × 三井住友カードに準拠
加盟店の多さ ○ Visa
そのほか 携帯電話購入後1年以内の紛失・盗難、事故によるドコモショップでの買い替えを最大1万円まで補償

コーナー SoftBankカード

矢印 ソフトバンクモバイル
SoftBankカード
クレディセゾン
国際ブランド

Visa、Master Card,JCB

年会費 無料
ポイント実質還元率   約1%
ポイントの価値 1p=約1円
ポイントの付き方 (月間利用額ごと)100円→1p
獲得ポイントの期限 最終ポイント加算月の翌月から1年間
ポイントの使い方 ■キャッシュバック:2000p→2000円としてカード利用代金に充当(手数料3%のポイントが必要)
■その他:100p→100pとしてソフトバンクポイントに移行し、ケータイの機種変更などに利用可能
最低利用(交換)単位 100p
ポイントの移行先 3カ所(ソフトバンクモバイル、ヤマダ電機、ベルメゾン)
電子マネーへの対応 プリペイド(チャージ時) 楽天Edy(1%)、モバイルSuica(1%)
SMART ICOCA(1%)、nanaco(1%)
ポストペイ QUICPay
旅行傷害保険 なし
そのほか 家族カードは無料。西友・リヴィンで割引日の設定あり。ケータイの盗難、全損時に購入費用を最大1万円補償
詳細・お申し込みはこちらまで → 年会費永久無料【SoftBankカード】

コーナー auじふんcard セブン

au携帯利用者にはなにかと使い勝手がいい
利用額100円ごとに1ポイント(auケータイなどのKDDI利用料金は2倍)貯まる、じぶん銀行発行のカード。貯まったポイントはau利用料金の支払いに充てられたり、決済口座をじぶん銀行にすることによって、口座にキャッシュバックすることも可能(別途100ポイント要)。また、じぶんポイントをauポイントに移行して機種変更などにも利用できる。

  au (KDDI)
auじふんcard セブン
じぶん銀行・クレディセゾン
国際ブランド

Visa

年会費 無料
ポイント実質還元率   au料金(KDD利用料金):約1.5~3%(カード払いで1.5%、じぶん銀行口座を力一ド引き落とし先にすると2%、auスマートパス登録で2.5%、すべての条件を満たすと3%)
一般加盟店:約1%
ポイントの価値 1p=約1円
ポイントの付き方 ■au料金(KDD利用料金):(月間利用額ごと)100円→1.5~3p(カード払いで1.5p、じぶん銀行口座をカード引き落とし先にすると2p、auスマートパス登録で2.5p、すべての条件を満たすと3p)
■一般加盟店:(月間利用額ごと)100円→1p
獲得ポイントの期限 無制限
ポイントの使い方 ■キャッシュバック:1p→1円としてじぶん銀行口座にキャッシュバック(手数料100pが必要)、1p→1円でau料金の支払いに充当
■その他:1p→1pとしてauポイントに移行し、ケータイの機種変更などに利用可能
最低利用(交換)単位 1p
ポイントの移行先 2カ所(auポイント、auショッピングモール)
電子マネーへの対応 プリペイド(チャージ時) 楽天Edy(1%)、モバイルSuica(1%)、SMART ICOCA(1%)、nanaco(1%)
ポストペイ QUICPay
旅行傷害保険 なし
そのほか 家族カードは無料。西友などで割引日の設定あり

NTTドコモは利用額に応じて還元率がアップ

名称 ドコモプレミアクラブ
(NTTドコモ)
auポイントプログラム
(KDDI)
実質還元率 2~5% 2.1%
ポイントの付き方

100円→2~5p(前年の携帯電話等利用料金10万円未満
で2p、10万円以上で3p、15万円以上で4p、
25万円以上で5p)

100円→1p、1年以上の継続利用で、
1年ごとに100p
ポイントの使い方 機種変更時など:100p→100円 機種変更時など:500p→1050円

Comparison

 クレカ比較 - プロパーカード

 クレカ比較 - 銀行系

 クレカ比較 - 航空会社

 クレカ比較 - 鉄道会社

 クレカ比較 - ケータイ

 クレカ比較 - ネット・通信

 クレカ比較 - 百貨店

 クレカ比較 - スーパー・コンビニ

 クレカ比較 - 家電量販店

 クレカ比較 - ガソリンスタンド

 クレカ比較 - 高還元率

 クレカ比較 - プレミアム系

 クレカ比較 - 最強の組み合わせ

 クレカ比較 - 初めての一枚

 TOPページ