クレジットカードセレクション > ネット・通信系カードの比較

クレジットカード ネット・通信

現状の共通ポイントカードは決め手を欠く。ポイントのためやすさで楽天か

2大共通ポイントであるTポイントとPonta、そしてネット通販の両雄が提供する楽天スーパーポイントとYahoo!ポイント。このうちの2つ、TポイントとYahoo!ポイントが、13年春に統一された。Yahoo!ポイントがTポイントに全面的に切り替わることで、利用者のため方や使い方も大きく変わる可能性が高い。Yahoo!ショッピングは現在でも、買い物の際にたまるポイントをYahoo!ポイントかTポイントから選べるようになっている。ただ、オークションやトラベルなど、Yahoo!のその他のサービスではTポイントは得られない。「Yahoo!JAPAN JCBカード」「Yahoo!JAPANカードSuica」の利用で付与されるポイントも、Yahoo!ポイント。こうした状況が来春には一変し、「Yahoo!のどのサービスを利用してもTポイントがたまるようになる」という。

ネットでTポイントをためやすくなれば、TSUTAYAやファミリーマートなどの実店舗でポイントを利用する機会も増える。もちろん、実店舗からネットへという流れもつくりやすくなり、Tポイントのため方、使い方が大きく広がる。利便性の面では、この点が最もわかりやすいメリットだろう。一方で、利用者にはポイント移行ルートの縮小を危供する声もある。Yahoo!ポイントは現在、JALマイルやnanacoポイントと相互交換が可能。このままの枠組みでポイントが統一された場合、JALマイルをTポイント経由でANAマイルに移行したり、セブン-イレブンでためたnanacoポイントをTポイントにしてファミマで使ったりといった、競合間でのポイント流通が容易にできる状況になる。楽天スーパーポイントをANAマイル経由でTポイントにし、Yahoo!で使うことも仕組み上は可能だ。両社の提携先企業の考え方次第では、移行ルートが縮小する可能性は否定できない。特に、Yahoo!ポイントをJALマイルに移している人は多く、成り行きが気になるところだ。

これら4大ポイントの主力クレジットカードを比べると、「楽天カード」が頭一つ抜けている。年会費が無料でポイント還元率は基本1%。楽天市場をはじめとする楽天サービスで利用する場合は、毎週土曜日はポイント3倍といった還元率アップの機会も多い。楽天サービスの利用者であれば、メインカードに十分なり得る存在だ。楽天は、優良顧客に向けてポイントやクーポン、セールなどの特典を提供する会員ランク制度に、最上位の「ダイヤモンド」ランクを新設した。ダイヤモンド会員になるには、楽天カードの保有が必要条件となっている。会員ランクを上げて長く維持するには、楽天市場などの利用に加え、楽天銀行の口座と楽天会員IDを連係させる「ハッピープログラム」が有用。振込や引き落としなどの口座利用で、ポイント獲得の機会を増やせる。また楽天には、年会費1万500円のゴールドカード「楽天プレミアムカード」もある。


コーナー 楽天カード

矢印 楽 天
楽天カード
(楽天KC)
国際ブランド

Visa、JCB、Master Card

年会費 ◎ 年会費無料
ポイント実質還元率   ○ 楽天:2%
一般加盟店:1%
ポイントの付き方 楽天市場:100円→2p
楽天ダイニング加盟レストラン:100円→最大10p
一般加盟店:100円→1p
※楽天Edyチャージはポイント対象外
ポイントの使い方 1p→1円。通常のショッピング、楽天トラベルの国内宿泊予約など、7つのサービスに対応
ポイントの移行先の多さ 1カ所(ANA)
旅行傷害保険の手厚さ △ 海外:最高2000万円
電子マネーへの対応 鉄道系 ○ モバイルSuica(1%)、Smart ICOCA(1%)、nanaco(1%)
その他 △ 楽天Edy(0%)
海外アシスタンスサービスの充実度 × Visa:なし
○ JCB:JCBに準拠
加盟店の多さ ○ Visa
△ JCB
そのほか 楽天市場利用で商品未着の場合は一定条件で請求を取り消し。利用明細書が届く前にカードの利用状況をメールで報告
詳細・お申し込みはこちらまで → 楽天カード
お得ポイント
●1%以上の高還元率、楽天内では倍増以上
●アンケートでポイント獲得
●お得なキャンペーンなど

コーナー Yahoo!JAPANカードSuica

ヤフー・ジャパンで最強。ポイント交換先も多彩
「ヤフー・ジャパン」が発行するカードにSuicaが付帯。基本還元率1%と高めの設定なので、ネットショッピングを楽しむ方以外にもお薦め。ヤフー・ショッピングやヤフー・トラベルの支払いなど、ヤフー・ジャパン内で利用することでさらに1%のポイントが加算される。貯めたポイントはヤフー・ショッピングをはじめとしたヤフー・ジャパン内の様々なサービスで1ポイント1円として利用できるはか、JALマイルやSuicaポイントへの交換も可能。ジャパンネット銀行で現金化できる点も見逃せない。

矢印 Yahoo!JAPAN
Yahoo!JAPANカードSuica
(Yahoo!JAPAN)
国際ブランド

Visa、MaterCard

年会費 500円(税抜)(初年度無料。年間10万円以上の利用で次年度無料)
ポイント実質還元率 ポイントの価値 1p=1円
ポイントの付き方 一般加盟店:1%
Yahoo!:Yahoo!ショッピングなどの利用時の還元率+1%
ポイントの使い方 ■一般加盟店:(月間利用額ごと)100円→1p
■Yahoo!:Yahoo!ショッピングなどの利用時の還元率+100円→1p
最終ポイント加算の翌月から1年間※1
■1p→1円でYahoo!ショッピングなどYahoo!JAPANのサービスで利用
■1000p→1000円でSuicaにチャージなど
ポイントの移行先の多さ 4カ所(JAL、Suica、Suicaポイント、nanacoポイント)
ポイントの集約元 28カ所
電子マネーへの対応 プリペイド 楽天Edy(0%)、Suica/モバイルSuica(1%)、SMARTICOCA(1%)
ポストペイ なし
旅行傷害保険 海外:最高2000万円(利用付帯)
国内:最高1000万円(利用付帯)
そのほか Suica一体型カード。モバイルSuicaの年会費が無料。
ショッビング補償あり(Yahoo!での購入商品は年間最高200万円、その他は100万円)。
カード利用額がyahoo!の買い物優待サービス「スタークラブ」のランク判定対象になる
※1 期間限定ポイントは除く。

コーナー Tカードプラス

  カルチュア・コンビニエンス・クラブ
Tカードプラス
アプラス
国際ブランド

Visa、JCB

年会費 500円(税抜)(初年度無料。年間5万円以上の利用で次年度無料)
ポイント実質還元率   一般加盟店:0.5%
Tポイント提携店:1.5%
ポイントの価値 1p=1円
ポイントの付き方 ■一般加盟店:(月間利用額ごと)200円→1p
■Tポイント提携店:提示100円→1p+カード決済200円→1p
獲得ポイントの期限 最終ポイント変動日から1年間
ポイントの使い方 1p→1円でTポイント提携店、提携サイトで利用など
最低利用(交換)単位 1p
ポイントの移行先 1カ所(ANA)
電子マネーへの対応 プリペイド(チャージ時) 27カ所モバイルSuica(0.5%)、SMART ICOCA(0.5%)、
nanaco(JCB=1.5%)
ポストペイ なし
旅行傷害保険 海外:なし
国内:なし
そのほか TSUTAYAでのカード払いで来店ポイント1p(1日1回)、
さらに1000円以上の買い物で200円→2p。
誕生月はレンタル料金楓クラブオフ利用可。
著者向けのTカードプラスα」(25歳まで、年会費5年間無料)
もある。
詳細・お申し込みはこちらまで → Tカード プラス(TSUTAYA発行)

Comparison

 クレカ比較 - プロパーカード

 クレカ比較 - 銀行系

 クレカ比較 - 航空会社

 クレカ比較 - 鉄道会社

 クレカ比較 - ケータイ

 クレカ比較 - ネット・通信

 クレカ比較 - 百貨店

 クレカ比較 - スーパー・コンビニ

 クレカ比較 - 家電量販店

 クレカ比較 - ガソリンスタンド

 クレカ比較 - 高還元率

 クレカ比較 - プレミアム系

 クレカ比較 - 最強の組み合わせ

 クレカ比較 - 初めての一枚

 TOPページ