クレジットカードセレクション > 百貨店系カードの比較

クレジットカード 百貨店

プロパカードの並みの付帯サービスが魅力の百貨店カード

ポイント付与率や割引率が高い百貨店のクレジットカード。この1~2年で、ハウスカードを国際ブランド付きに切り替える百貨店が相次ぎ、使い勝手はより向上している。百貨店ユーザーなら1枚は持っておきたいところだが、果たして、どのカードが得なのか。カードのポイント付与率、割引率や各社の店舗数を見て、6社6枚のカードに絞り、機能を細かく比較した。

この6枚のカードで、まずチェックしたのは入会初年度のポイント付与率や割引率。百貨店カードの多くは、前年の利用額に応じてポイント付与率や割引率を上げるのだが、その設定も各社で大きく異なる。そこで前年に百貨店で20万円(百貨店カードの平均年間利用額)を使った設定でのポイント付与率や割引率を調べた。どちらのケースでもポイント付与率が高かったのは「タカシマヤカード」。入会当初から8%のポイントが付くうえに、これが食料品などにも適用される(生鮮食品は1%)。年20万円利用すれば、入会初年度から1万6000円分ものポイントが付く。年会費は2100円と高めだが、年3万円の買い物をすれば、十分に元は取れる。これに次ぐのが「大丸カード」。入会直後のポイント付与率は5%と平均的だが、入会半年後には、累計ポイントに応じたボーナスポイントが付く。入会初年度からポイント付与率が上がるカードはほかになく、半年で10万円ずつ、年20万円使えば、1万2000円分のポイントが付く計算(うち2000円分はボーナスポイント)だ。残る4社のポイント付与率や割引率は、入会初年度で2.5~5.5%、前年に20万円使ったとしても4.5~5.5%と、高島屋や大丸には及ばない。さらに2社とも、旅行時の傷害保険を付帯する。特に海外旅行では、最高2000万円まで補償するなど、内容も手厚い。換算レートは悪いが、ポイ ントをそれぞれANAやJALに移せるなど、一般的なプロパーカード並みにサービスは充実する。唯一の弱点は、ケータイクレジットなどにあまり対応していないことだ。

■百貨店カードはポイント付与や割引の方法が複雑

A.ポイントを一本化して付与 B.どちらかに付与 C.両方に付与
百貨店のポイント、割引サービス
(どこで使っても)
百貨店のポイント、
割引サービス or カード会社のポイント
百貨店のポイント、
割引サービス+カード会社のポイント

高島屋
大丸

阪急百貨店 そごう・西武百貨店
三越
東急百貨店
百貨店や一般加盟店など、ユーザーが買い物をする場所にかかわらず、百貨店のポイントが付与される 百貨店での買い物時には百貨店ポイントや百貨店の割引を適用。一般加盟店ではカード会社のポイントが付く 百貨店での買い物時、各社の百貨店ポイントや割引に加え、カード会社のポイントも付く

コーナー タカシマヤカード(高島屋クレジット)

タカシマヤの利用で8%の高還元率
タカシマヤでの利用で通常8%、キャンペーン期間中は10%という驚異的な還元率で他のデパートカードを一歩ぬきんでているのがタカシマヤカードだ。貯まったポイントは2000ポイントごとにタカシマヤ店内で利用できる2000円のお買い物券と交換ができるうえ、ANAマイルへと移行することも可能だ。タカシマヤ以外の買い物でも200円で1ポイント貯まるので、日々の買い物でこつこつと、タカシマヤの買い物でガツンとポイントを貯め、お買い物券、もしくはANAマイルに集約できる。

お勧めのクレジットカード タカシマヤカード
タカシマヤカード(高島屋クレジット)
年会費 2000円(税抜)(初年度無料)
ポイント・マイル還元率 タカシマヤ:100円=通常8ポイント、一般:200円=1ポイント
ポイントの価値 1ポイント=1円
ポイント有効期間 ポイントは入会月より積み立て期間1年+交換期間4カ月(交換したお買い物券には有効期限なし)
付帯保険 国内・海外旅行傷害保険(カード利用付帯)
その他の特徴 海外アシスタンスデスク、タカシマヤ各店で開催の有料催しを50%割引
お得ポイント
●タカシマヤの利用で通常8%のポイント還元
●ポイントをANAマイルへと移行可能

コーナー DAIMARU CARD/マツザカヤカード(JFRカード)

来店ポイント付与などさまざまな優待
大丸、松坂屋での利用では100円(本体価格)につき最大5ポイント、さらに半年に1度、獲得ポイントに対して最大100%のボーナスが付与される。さらに、ほかの百貨店カードには見られない来店ごとに10ポイントが付与される来店ポイント制度もうれしい。貯まったポイントは1ポイントから次の買い物で利用できるが、これもほかのカードにはない特徴。ポイントを失効したくない人には絶対お薦めの1枚。

  DAIMARU CARD/マツザカヤカード
DAIMARU CARD/マツザカヤカード(JFRカード)
年会費 1000円(税抜)(初年度無料)
ポイント・マイル還元率 一般:200円=1ポイント
大丸・松坂屋:100円=1~5ポイント(ボーナスポイント換算時最大10%)
ポイントの価値 1円
ポイント有効期間 最長2年
付帯保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)、国内旅行傷害保険、
ショッピング保険(ともに利用付帯)
その他の特徴 JFRショッピングマイレージクラブ入会で
JALマイルへの移行可能(年会費3150円).新しく「さくらパンダカード」が登場
詳細・お申し込みはこちらまで →

コーナー ミレニアムカード・セゾン

西武、そごう
ミレニアムカード・セゾン
(クラブ・オンカード セゾン)
セブンSCカードサービス
国際ブランド

Visa、MasterCard、アメリカンエキスプレス

年会費 無料
ポイント実質還元率   一般加盟店:0.5%
西武、そごう:約2.5~約7.5%
ポイントの価値 セゾンのポイント=1p=5円
西武、そごうのポイント:1p=1円
ポイントの付き方 ■一般加盟店:(月間利用額ごと)1000円→1p(セゾンのポイント)
■西武、そごう:(月間利用額ごと)基本1050円→20p。年間利用額に応じ、翌年の還元率が約2~7%に変動(西武、そごうのポイント)+(月間利用額ごと)1000円→1p(セゾンのポイント)
獲得ポイントの期限 セゾンのポイント:無期限
西武、そごうのポイント:最長2年間
ポイントの使い方 ■セゾンのポイント:200p→1000pで西武、そごうのボイントに移行など
■西武、そごうのポイント:1p→1円で西武、そごうで利用
最低利用(交換)単位 ■セゾンのポイント:100p
■西武、そごうのポイント:1p
ポイントの移行先 ■セゾンのポイント:10カ所(ANA、JALなど)
■西武、そごうのポイント:1カ所(nanacoポイント)
電子マネーへの対応 プリペイド(チャージ時) 楽天Edy(0%)、モバイルSuica(0%)、SMART ICOCA(0%)、nanaco(0%)
ポストペイ iD、QUICPay
旅行傷害保険 なし
そのほか 家族間での年間利用額合算サービスあり
詳細・お申し込みはこちらまで → 年会費無料なのに特典満載!ミレニアム/クラブ・オンカード セゾン

コーナー 伊勢丹アイカード(エムアイカード)

伊勢丹での買い物が最大10%割引
伊勢丹でのショッピングがいつでも5%オフになる割引制度が人気の「伊勢丹アイカード」。割引率は年間の利用額によってさらにアップし、年間20万円以上の利用で翌年7%、50万円以上の利用で8%、100万円以上の利用では10%となる。割引除外の「食料品やレストラン・Visaの加盟店」でポイントも貯まる。海外の伊勢丹ではなんと3%もポイントが貯まる。また、伊勢丹アイカード会員だけのセールや催し物も数多く、WEBアイカード会員になるとさらに多くの限定イベントなどがあり、お得度は高い。

お勧めのクレジットカード 伊勢丹アイカード
伊勢丹アイカード(エムアイカード)
年会費 2000円(税抜)(初年度無料)
ポイント・マイル還元率 一般:200円=1ポイント
伊勢丹、三越、クイーンズ伊勢丹:100円=1ボイント
伊勢丹(海外)・マミーナ:100円=3ポイント
ポイントの価値 1ボイント=1円
ポイント有効期間 最長3年+ポイント券交換後1年
その他の特徴 保険や投資など資産運用に関するコンサルテイングサービス無料
お得ポイント
●伊勢丹での買い物5~10%割引。ポイント還元率最大3%
●会員限定のイベントやセールが豊富

コーナー 三越 M力一ド(エムアイカード)

三越・伊勢丹での買い物がいつでも5%割引
2010年4月にエムアイカードから登場した新カード「三越Mカード」。サービス内容は、三越・伊勢丹でのショッピングがいつでも5%オフ、さらに年間の利用額によって割引率がアップする制度など、人気の伊勢丹アイカードとまったく同じだ。また、割引除外の一部商品で、商品券と交換可能なポイントも貯まるのがうれしい。獲得ポイントは三越・伊勢丹で1%、海外の伊勢丹で3%と高還元率となっている。

  三越 M力一ド
三越 M力一ド(エムアイカード)
年会費 2000円(税抜)(初年度無料)
ポイント・マイル還元率 一般:200円=1ポイント
三越・伊勢丹・クイーンズ伊勢丹:100円=1ポイント
伊勢丹(海外)・マミーナ:100円=3ポイント
ポイントの価値 1ポイント=1円
ポイント有効期間 最長3年+ポイント券交換後1年
その他の特徴 保険や投資など資産運用に関するコンサルテイングサービス無料

コーナー TOP&ClubQ JMBカード

矢印 東急百貨店
TOP&ClubQ JMBカード
(東急カード)
国際ブランド Visa、MasterCard
年会費 ○ 1000円(税抜)(初年度無料)
ポイント割引の
実質還元率
  ○ 一般加盟店:1%
東急グループなど:1~10.5%
ポイントの付与、割引体系 Aタイプ
ポイントの付き方、割引方法 百貨店利用時 200円→2~21p(東急グループ以外のポイント加盟店では200円→3~8p)
一般加盟店利用時 200円→2p
百貨店ポイントの付与上昇率 東急百貨店での年間利用額に応じて東急百貨店ポイント
の翌年の付与率が上がる
10万円未満→3%
10万~50万円未満→5%
50万~100万円未満→7%
100万円以上→8%
その他のポイント付与サービス グループの店舗では、東急力ードポイントの付与率が高くなる
百貨店ポイントの使い方 1000p→お買い物券1000円分(3月から1p→1円相当で使用可)
ポイントの移行先の多さ 3カ所(JAL、東急カードのポイント、PASMO※2)
移行時の利便性 JAL移行には移行手数料(年1050円)が必要
旅行傷害保険の手厚さ △ 海外:最高2000万円
国内:最高1000万円
電子マネーへの対応 鉄道系 ○ モバイルSuica(0.5%)、PASMO(0.5%)、SMART ICOCA(0.5%)
その他 × なし
海外アシスタンスサービスの充実度 △ Visa:三井住友カードに準拠
MsterCard:DCカードに準拠
加盟店の多さ
(国際ブランド)
○ Visa、MsterCard
詳細・お申し込みはこちらまで → TOP&カードなら入会金・年会費は、ず~っと無料

コーナー ペルソナSTACIA PiTaPaカード

阪急百貨店 阪神百貨店
ペルソナSTACIA
PiTaPaカード
ペルソナ、阪急阪神カードなど
国際ブランド

Visa、JCB

年会費 2000円 (税抜)※1
ポイント実質還元率   一般加盟店:0.5%
阪急百貨店、阪神百貨店:5~10%(優待)
ポイントの価値 1p=1円
ポイントの付き方 一般加盟店:(会員)200円→1p
阪急百貨店、阪神百貨店→(会員)基本5%優待。
年間利用額に応じ、翌年の優待率が5~10%に変動。
ポイントが一定値に達するとボーナスポイント付与
獲得ポイントの期限 最長2年2カ月間
ポイントの使い方 ■1p→1円で阪急阪神東宝グループのホテルなどで利用
■1000p→1000円相当の阪急阪神クーポンに交換など
最低利用(交換)単位 1p
ポイントの移行先 3ヶ所
電子マネーへの対応 プリペイド(チャージ時) 楽天Edy(0%)、モバイルSuica(0%)
SMART ICOCA(0%)、nanaco(0%)
ポストペイ PiTaPa
旅行傷害保険 なし
そのほか 家族力一ドは4人まで無料。ショッピング補償あり。
阪急阪神東宝グループ店舗で割引日設定あり
※1 他にPiTaPa維持手数料が年間1050円かかるが、年に1度PiTaPa利用があれば次年度無料

Comparison

 クレカ比較 - プロパーカード

 クレカ比較 - 銀行系

 クレカ比較 - 航空会社

 クレカ比較 - 鉄道会社

 クレカ比較 - ケータイ

 クレカ比較 - ネット・通信

 クレカ比較 - 百貨店

 クレカ比較 - スーパー・コンビニ

 クレカ比較 - 家電量販店

 クレカ比較 - ガソリンスタンド

 クレカ比較 - 高還元率

 クレカ比較 - プレミアム系

 クレカ比較 - 最強の組み合わせ

 クレカ比較 - 初めての一枚

 TOPページ