クレジットカードセレクション > スーパー・コンビニ系カードの比較

クレジットカード スーパー・コンビニ

コンビニにでも割引可能に

JCBが06年末にまとめた「クレジットカードに関する総合調査」によると、過去3カ月間にクレジットカードを利用した業種で最も割合が高かったのが「スーパーマーケット」の21.2%だった。40代女性「50代女性に限るとこの比率は30%を超える。かつては高額品購入時に使うことが多かったクレジットカードを、日常の買い物に"普段使い"するユーザーが増えている。そんな需要を取り込もうと、スーパー、コンビニ各社はポイント付与や割引特典を受けられるクレジットカードの発行に力を入れている。イトーヨーカドーの「セブンカード」は、特定日以外の還元率が1.5%と高め。だが、イトーヨーカドーで1.5%還元になるカードは他にもある。同じセブン&アイグループである西武.そごうの「ミレニアムカードセゾン」や「クラブ・オンカードセゾン」に加え、すべてのセゾンカードとUCカード、「JCB ORIGINALシリーズ」のカードも1.5%還元だ(セゾンカード、UCカードは、クレディセゾンのウェブサイトからこのサービスの利用登録が必要。1%分はnanacoポイントで還元)。より得をするにはnanacoを使う。イトーヨーカドーではnanaco決済でnanacoポイントが1%付くため、チャージにもポイントが付くカードを使うと、合計で1.5%以上になる。例えば、SoftBankカードは計2%、漢方スタイルクラブカードは計2.75~3%還元だ。nanaco決済で対象商品にはボーナスポイントも付く。なお、イトーヨーカドーは12年に、楽天EdyやSuicaなど交通系電子マネーの決済に対応したため、選択肢が広がる。イオンの「イオンカード」には、5%引きの他にポイント2倍の日の設定もあるが、それ以外の日は、還元率は0.5%止まり。だが、イオン銀行のキャッシュカードとWAONと一体の「イオンカードセレクト」でWAON決済すると、イオン銀行口座からのオートチャージ時と決済時に0.5%ずつWAONポイントが付き、計1%還元になる。さらにWAON払いには、対象商品にボーナスポイントが付くなどの特典があるが、還元率を追求するなら、一般加盟店の還元率が1%を超えるカードで決済するか、ビックカメラSuicaカードなどを使ってSuica決済し、1.5%還元を狙うのも手だ。西友の場合、提携カードの「ウォルマートカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」で払うと、5%引きの日以外は、常に1%引きになる。ポイント還元ではなく、直接割引が適用されるのは利点ではあるが、西友の5%引き特典はセゾンカードの共通特典なので、還元率1%以上の他のセゾンカードでも代替になる。

コンビニは特定日の割引特典などはなく、全般に提携クレジットカードを持つメリットを兄いだしにくい。セブン-イレブンで待する支払い方はイトーヨーカドーと同様。セブンカードなどの決済は1.5%還元だが、nanacoで払えば、nanacoポイント1%分と、チャージ時に付くクレジットカードのポイントがたまる。ローソンの提携カード「JMBローソンPontaカードVisa」は、ローソンで決済すると、1%に加え、会計ごとに1ポイント(1円相当)が付く。ただ、クレジット機能のないPontaヵードの提示でもポイントの付き方や特典は変わらない。ならば、Pontaカードを提示し、他のクレジットカードや電子マネーで払って、決済時やチャージ時のポイントを得るほうが賢いだろう。Tポイントを導入するファミリーマートでも同様だ。提携カードの「ファミマTカード」で付くポイントは、提示1%分に、決済0.5%分を加えた計1.5%。クレジット機能のないTカードを提不して1%分を獲得し、決済は他のクレジットカードや電子マネーで行うと、1.5%を超えるケースもある。しかしファミマTカードの場合、ファミリーマートで火曜と土曜にポイントが2倍になったり、対象商品にボーナスポィントが付いたりと、このカード限定の特典があるのは魅力だ。サークルKサンクスは現在、新たに申し込める提携クレジットカードがない。同店には電子マネーを使った会員制度「カルワザクラブ」があるので、これを利用する。楽天EdyやSuicaなどの電子マネーで払うと、同店で使えるポイントが1%分たまる。このとき、楽天Edyで決済すると、「Edyでボイン上0.5%分も同時に付く。しかも、ためるポイントとして楽天スーパーポイントか、ANAマイルを選ぶと、サークルKサンクスでは通常の2倍たまるのだ。SoftBankカードなど、楽天Edyへのチャージに1%分が付くカードを使い、楽天Edyで払うと、最大3%還元となる。


コーナー ファミマTカード(ファミリーマート)

カード提示での割引多数。Tポイントが効率よく貯まる
共通ポイントとしてすでに大きな認知を得ているTポイントを導入し、幅広くサービスを展開しているファミマTカード。ファミリーマートやTSUTAYA、ENEOSなどをはいしめとしたTポイント提携店では会計の際にカードを出すだけでポイントが貯まる。また、ファミリーマートでは提示するだけで会員限定割引やボーナスポイントが貯まるなど会員限定の優待が多いので、うまく使えばかなり得をすることができる。店頭での公共料金の支払い、チケットの購入などクレジット決済が可能なのもうれしい。

お勧めのクレジットカード ファミマTカード
ファミマTカード(ファミリーマート)
年会費 永年無料
ポイント・マイル還元率 カード提示で200円=1ポイント、クレジット決済でさらに200円=1ポイント
ポイントの価値 1ポイント=1円
ポイント有効期間 ポイント最終利用日から1年
電子マネー対応 iD
付帯保険 盗難・紛失保険
その他の特徴 ファミリーマートでは「今お得」ラベル商品をさらに割引。申し込みでTSUTAYAのレンタル会員証として使える(所定の手続きが必要)
詳細・お申し込みはこちらまで → ファミマTカード
お得ポイント
●Tポイントが提携店で貯まり、貯まったポイントはファミリーマートで使える
●ファミリーマートで対象商品が会員価格で購入できる
●TSUTAYAの会員証になる

コーナー JMBローソンPontaカードVisa(クレデイセゾン)

貯まったポイントをJALのマイルに交換できる
数あるコンビニ系カードの中で航空マイルとの提携をしている貴重な1枚。同時にTポイント対抗馬として2010年3月に登場した新共通ポイントサービス「Ponta」搭載と、何かと注目の1枚がJMBローソンPontaカードVisaだ。Pontaポイントはゲオをはじめ多くの提携店で貯めることができ、今後もどんどん増えていく予定。貯めたポイントはJALのマイルにも交換できるのがお得。旅行券5万円分などの懸賞企画やポイントをローソンの人気商品とお得に交換できるサービスなど特典も数多い。

お勧めのクレジットカード JMBローソンPontaカードVisa
JMBローソンPontaカードVisa(クレデイセゾン)
年会費 永久無料(カード発行手数料500円)
ポイント・マイル還元率 ローソン:100円=1ポイント、Ponta提携店:提携店ごとに異なる、Visa加盟店:1000円=5ポイント
ポイントの価値 1ポイント=1円相当
ポイント有効期間 最終利用日より1年
付帯保険 お買物安心プラン、いつでも安心プランなど(月額300円~)
その他の特徴 ローソン人気商品が交換できる「お試し引換券」、懸賞企画、メール会員登録による特典
お得ポイント
●注目の新共通ポイントPontaが貯まる
●JALのマイルにも交換可能
●ローソンでさまざまなお得

コーナー イオンカードセレクト(イオンクレジットサービス)

キャッシュカード一体型。カード利用での割引多数
イオン銀行のキャッシュカードとイオンカードが一体となった。電子マネーWAONのWAONポイントがオートチャージでも利用でき200円につき1ポイント貯まる。イオングループ各店舗で毎月20日、30日はカードの利用、提示で買い物代金が5%オフ。毎月5日、15日、25日はポイント2倍。毎月10日はカード利用でクレジットカードのときめきポイントが2倍になるなど、とにかくお得な一枚。

  イオンカードセレクト
イオンカードセレクト(イオンクレジットサービス)
年会費 永年無料
ポイント・マイル還元率 200円=1ポイント
ポイントの価値 1ポイント=1円
ポイント有効期間 2年
付帯保険 ショッピング保険、カード盗難・紛失補償
その他の特徴 毎月5の付く日にはイオングループでポイント2倍
買い物にボーナスポイント多数、イオングループ各店で20日・30日は5%割引
提携映画館で割引
詳細・お申し込みはこちらまで → イオンカードでお買い物

コーナー セブンカード(セブン・カード・サービス)

nanacoとの連携が特長。8の付く日に5%割引に
電子マネーnanacoと唯一連携するカードがセブンカード。イトーヨーカドー、エスパ、ヨークマート、セブンイレブンでのカード提示現金払いで100円=1ポイント、クレジット払いでは1.5ポイント貯まる。さらにイトーヨーカドー、エスパではセブンカード会員は8日、18日、28日の「8が付く日」に5%割引になるサービスが開始された。割引とポイント獲得の合わせ技ができる。

矢印 イトーヨーカドーなど※2
セブンカード
(セブン・カード・サービス)
国際ブランド Visa、JCB
年会費 ○ 本会員500円 (税込) 家族会員200円(税込)(初年度無料、年間利用5万円以上で翌年度無料)
ポイント割引の
実質還元率
  ○ セブン&アイグループのポイント加盟店:1~1.5%
一般加盟店:0.5%
ポイントの付き方 スーパー・コンビニ利用時 イトーヨーカドーなど:100円→1.5p
セブンイレブン:200円→3p
一般加盟店利用時 200円→1p
ポイントの使い方 1p→1円相当で使用可
500p→500pでnanacoポイントに移行。
ポイントの移行先の多さ × なし
旅行傷害保険の手厚さ × なし
電子マネーへの対応 鉄道系 × モバイルSuica、SMART ICOCA
その他 ○ QUICPay,nanaco、楽天Edy
海外アシスタンスサービスの充実度 △ Visa:UFJニコスに準拠
○ JCB:JCBに準拠
加盟店の多さ(国際ブランド) ○ Visa △ JCB
そのほか特典 ①オンライン入会 1000ポイント
②お支払い口座にセブン銀行をご指定いただくと500ポイント
③入会お申込時にお支払い名人サービスご登録いただく1000ポイント
④入会お申込時にETCスルーカードをお申込いただくと500ポイント
ANAマイル交換レート
「3,000ポイント」 ⇒ 『1,500マイル』
※《キャンペーン情報》
入会、サービス登録で最大3000ポイントプレゼント
(2014年3月1日(土)~2014年4月30日(水)まで)
詳細・お申し込みはこちらまで →

コーナー ウォルマート セゾン・アメリカンエキスプレスカード

  西友
ウォルマート セゾン・アメリカンエキスプレスカード
クレディセゾン
国際ブランド

アメリカンエキスプレス

年会費 無料
ポイント実質還元率   一般加盟店:0.5%
西友、リヴィン、サニー:1%(優待)
ポイントの価値 1%=5円
ポイントの付き方 一般加盟店:(月)1000円=1p
西友、リヴィン、サニー:購入時に1%割引
獲得ポイントの期限 無期限
ポイントの使い方 200p→900円としてカードの利用代金に充当。
400p→2000円相当のSEIYUショッピングカードに交換等
最低利用(交換)単位 1p
ポイントの移行先 1ヶ所(JAL)
電子マネーへの対応 プリペイド(チャージ時) 楽天Edy(0.5%)、モバイルSuica(0.5%)
SMART ICOCA(0.5%)
ポストペイ iD
旅行傷害保険 なし
そのほか ローソンで対象商品の割引やポイントアップあり

コーナー UCS KARUWAZA CARD

矢印 サークルK、サンクス
UCS KARUWAZA CARD
(USC)
国際ブランド Master Card
年会費 ○ 無料
ポイント割引の
実質還元率
  △サークルK、サンクス:0.8%
一般加盟店:04%
ポイントの付き方 スーパー・コンビニ利用時 サークルK、サンクス:1000円→2p(UCSのポイント)
一般加盟店利用時 1000円→1p(UCSのポイント)
ポイントの使い方 250p→商品券1000円分など
ポイントの移行先の多さ △ 1カ所(JAL)
旅行傷害保険の手厚さ △ 海外:最高2000万円、国内:最高1000万円
電子マネーへの対応 鉄道系 ○ モバイルSuica
その他 ○ 楽天Edy、QUICPay
海外アシスタンスサービスの充実度 × なし
加盟店の多さ
(国際ブランド)
○ Master Card:約2530万店
そのほか特典 宇佐美で3%割引。毎月19日、20日はアピタ、
ユニー、ユーホームで5%割引。
楽天Edyの利用・チャージで独自ポイント付与
注)ポイントの実質還元率、付き方はクレジットカード決算時。ローソンではカード提示のうえ、現金払いでも同条件。ポイントの実質還元率は一部、小数点第2位以下を四捨五入
※1 ジャスコ、マックスバリュ、メガマート、スーパーセンターなど※2 イトーヨーカドー、エスパ、ヨークマート、セブンイレブン ※3 ダイエー、グルメシティ、トポス、Dマート。
ダイエーのポイントの対象商品は店舗により異なる。 ※4 世界17カ国28カ所 ※5 世界16カ国17カ所

Comparison

 クレカ比較 - プロパーカード

 クレカ比較 - 銀行系

 クレカ比較 - 航空会社

 クレカ比較 - 鉄道会社

 クレカ比較 - ケータイ

 クレカ比較 - ネット・通信

 クレカ比較 - 百貨店

 クレカ比較 - スーパー・コンビニ

 クレカ比較 - 家電量販店

 クレカ比較 - ガソリンスタンド

 クレカ比較 - 高還元率

 クレカ比較 - プレミアム系

 クレカ比較 - 最強の組み合わせ

 クレカ比較 - 初めての一枚

 TOPページ