クレジットカードの基礎講座

Q.クレジットカードの審査は何を見られる?
A.住所、勤務先、年収や過去の支払い履歴なども。

クレジットカードは「信用」を元に成り立つシステムですから、申し込む際には当然審査が必要になります。審査の評価基準はおおざっぱに言うと次の通りです。まず、返済をせずにいなくなってしまうことがないように「しっかりとした居住場所」のチェック、次に「安定した収入」があるか、それに関連して、「きちんとした返済能力」があるかなどです。それらを年齢、勤務先の規模、勤務先での勤続年数、職種、年収、居住年数、住居の形態、家族構成などから判断します。年齢や年収はもちろん高いはうがよく、勤務先も規模が大きいほうが有利です。勤務先が公的機関であればなお評価は高まります。また、住居に関しては、社宅や持ち家などのほうが評価が高くなります。個人の信用情報は閲覧することもできるそれらに加え、過去の支払い履歴や借り入れの状況もチェックされます。これに関して、カード会社は、中立な立場である個人信用情報センターという機関に照会をお願いします。そこには、銀行やクレジットカード会社、消費者金融など、金融機関の利用者の履歴が集約され、一括管理されています。借金があったり、クレジットカードで延滞を繰り返した経験のある人などはマイナス評価をされます。これらの履歴はクレジットヒストリーと呼ばれています。なお、個人信用情報センターの情報は閲覧することができます。気になる人は一度機関のHPを見てみるとよいでしょう。


Q.収入が少ない人はクレジットカードを作れなくなるって本当ですか?
A.そんなことはないが注意が必要。

結論をいうと、クレジットカードが作れなくなることはない。ただ、クレジットカードでキャッシングできる金額が年収の3分の1になったので、収入の少ない人は、当然、その額が少なくなってしまう。収入がない専業主婦がキャッシングする場合は、配偶者貸付制度を利用することでキャッシングが可能だが、この場合、夫の年収証明書と夫の同意が必要で、借りることができる金額は夫の年収の3分の1まで。以上は、「改正貸金業法」という法律で定められたもので、加えて「改正割賦販売法」という法律では、個人が利用できるすべてのクレジットカードの利用金額の合計(一括払いを除く)が定められている。分割払いなどの利用時は注意が必要。


Q.Visa、MasterCard、JCB、国際ブランドって何ですか?
A.世界中でクレジットカードを使うためのブランドです。

クレジットカードを作る際に、選ぶことになるのが国際ブランドです。でも、初めてカードを作る人の中には「国際ブランドって何?どうやって選べばいいの? セゾン、ビューカード等々とのブランドと何が違う?」と思われる方もいるのではないでしょうか。セゾン、ビューカードなどのブランドはクレジットカードの発行元で俗に国内ブランドと呼ばれます。これら国内ブランドは、企業と組んだ提携カードを多く発行しています。例えば、航空系のカードとして人気のある「ANA Visa Suicaカード」は発行元はビューカード、提携企業はANAとなります。国内ブランドは、基本的には国内の加盟店でしか利用できません。そこで、海外をはじめ、さまざまな場所やサービスで利用できるようにVisaやMasterCardなどの国際ブランドと組むわけです。国内だけか、海外でも使うかでセレクトでは、国際ブランドはどのように選べばよいのでしょうか。加盟店の多きなど海外での使い勝手を求めるのであればVisa、あるいはMasterCardを選ぶのが自然でしょう。ほとんど国内でしか利用しないという方はJCB、また、ステータス性を求めるのであればアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブといった選択になります。複数枚カードを持つのであれば、それぞれ違った国際ブランドにするとよいでしょう。


Q.一括、分割など支払い方法の違いは?
A.基本は一括払いがお得。金額と懐具合で分割を活用。

クレジットカードにはいくつかの支払い方法があります。一番お薦めしたいのは一括払い。カードを利用した月のおよそ1~2カ月後に支払いをするという方法で、分割手数料(金利)がかかりません。とはいえ、高額の買い物の場合、翌月一括払いはなかなか大変です。そういった場合には分割払いを選択できます。2回払いまではほとんどの場合、分割手数料がかかりません。3回以上に分割する場合は、支払い回数に応じて分割手数料がかかります。しかし、支払い回数を買い物のたびに決められるので、月々の支払いの金額や支払いが終わる時期を掌握できるようになるので助かります。リボルビング払いは限度額の範囲内であれば、たとえ金額がいくらであっても、月々の支払いの額が一定になるという方法です。毎月の支払額が一定になるため、支出の管理がしやすくなりますが、金額が高くなると支払回数が増えてしまい、結果的に金利も高くなってしまいます。利用後に支払い方法を変更できるサービスも最近では便利なサービスとして「あとからリボ」「あとリボ」などといったものが普及しています。文字通り、あとからリボルビング払いに変更できるサービスです。ポイントが倍貯まるようになるなど付加価値もいろいろあるようですが、支払回数に応じて金利が高くなることには変わりがありません。それぞれ、メリット・デメリットがあることをきちんと把握して、利用するようにしましょう。


Q.リボ払いって本当にお得?
A.メリット、デメリットがある。

リボ払いとは、正式にはリボルビング払いといい、毎月指定した一定額を返済していくもの。クレジット会社がリボ払いをすすめるのは、分割払いと比較しても、得られる収益が多いからだ。我々がリボ払いにすることでどんなメリットやデメリットがあるのかというと、メリットは、支払いを猶予することができたり、通常の1回払いよりも高いポイントがもらえるなどが挙げられる。一方、デメリットは、買い物した以上のお金を支払うことになる点だ。また、毎月の返済額が変わらないため、お金を使ったという意識が薄く、いつまでたっても返済が終わらないということにもなりかねないので、くれぐれも注意が必要。

メニュー

 クレジットカードの基礎講座

 電子マネーの基礎講座

 ポイントカードの基礎講座

 おサイフケータイの基礎講座

 特典を上手に貰う5つのルール

 クレジットカードの誤解を解こう

 簡単に分かるマイレージ

 楽天EdyとSuicaの攻略法

 TOPページ

ETC