楽天EdyとSuicaの攻略法

Q.楽天EdyやSuicaって何?
A.レジでの会計が驚くほどスマートになる電子マネーなのです!。

楽天EdyやSuicaは、ひとことで言うと「何度も使えるプリペイドカード」。テレホンカードなどは使い切ったらそれで終わりですが、楽天EdyやSuicaは、また入金(チャージ)して繰り返し使えるんです。楽天EdyやSuicaは、カードに埋め込まれた「フェリカ」というICチップが、いつ・どこで・いくら使ったかを記録しているんですが、驚くべきはその処理スピード。たった0・1秒なんです。首都圏に住んでいる人なら、JRの改札でSuicaを「ピッ」とかざして、そのスマートさに感動した人も多いんじゃないでしょうか。最近は、コンビニや家電量販店など、この楽天EdyやSuicaの使えるお店がどんどん増えています(下図)。レジで小銭のやりとりがないのは、すごく便利。会計にかかる時間も、当然「あっ」という間です。一見、クレジットカードと似ていますが、ともに入金した分しか使えませんし、入金できる上限も楽天Edyが5万円、Suicaが2万円と少なめ。だからムダ硬いが心配な人にも向いていますね。


徹底比較!楽天EdyとSuica、どちらが便利か?

  楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
利用できるお店

ヨドバシカメラ、ケースデンキ、全国のam/pm、サークルK、サンクス、マツモトキヨシ、ポプラ、生活彩家、 大丸ピーコック、紳士服コナカ、GEO、PRONTO、居酒屋甘太郎、ビッグエコー、ニッポンレンタカー,コスモ石油、宇佐美グループなど

●首都圏・仙台・新潟・近畿エリアの駅改札や、東京モノレール・りんかい線駅内の店舗・駅ビル、JR西日本のICOCA(イコカ)エリアの改札
●首都圏を中心としたファ三リーマート、スリーエフ、ビックカメラ、ジョナサンベッカーズNEWDAYSなど
チャージ(入金)方法 お店のレジや専用端末機パソコン用リーダ/
ライタ「パソリ」「FeliCaポート」搭載のパソコン
駅の券売機・精算機
ATM「VIEW ALTTE」
チャージの上限 5万円 2万円
航空会社カードとの連携 ANAカード(楽天Edy機能つき) JALカードSuica
チャージで貯まるマイル数 1マイル……100円
(「パソリ」や「FeliCaポート」培載パソコンでANAカードからチャージした場合)
500マイル……10万円
(JALカードSuicaのクレジット機能でチャージした場合。
追加年会費を払っている場合は1000マイル)
利用で貯まるマイル数 1マイル……200円 -

Q.楽天EdyやSuicaを利用しても、マイルがもらえるって本当ですか?
A.クレジットカードでチャージ(入金)すれば、しっかり貯まります。

楽天EdyとづSuicaの入金(チャージ)方法には2種類あります。ひとつは現金、そしてもうひとつがクレジットカードです。表の通り、ANAカードには「楽天Edy」が、JALカードSuicaには「Suica」がついていますが、チャージするときは、必ずそれぞれのクレジットカードを使ってください。カード払いでチャージすることで、買い物をしたときと同じように、マイルが貯まります。現金だとマイルはまったく貯まりませんよ。クレジットカードでチャージする場合は、ANAカードは自宅のパソコンをJALカードSuicaは駅の券売機や精算機を使います。ANAカードの場合は、「パソリ」という小さな機器を購入し、パソコンにつなぐ必要があります。ちなみに、ANAカードの「楽天Edy」は、お店で使ったときにも、マイルがもらえます。つまり、1.チャージして貯まる、2.買い物して貯まるというマイルの2重取りができるのですね。残念ながら、JALカードSuicaはチャージのときしかマイルは貯まりません。

マイルも貯まる楽天EdyとSuica。

Q.年会費無料なのにどうして特典をもらえるの?
A.カード会社は、「1回払い」でもちゃんと利益を得ているんです。

あなたの使っているクレジットカードが、年会費無料だとします。お店での買い物を1回払いでカード決済したら、支払いは約1カ月~1カ月半後。でも支払日に銀行から引き落とされる金額は、現金で払う場合とまったく同じ。あなたは1円も損していません。なのにどうして、特典な商品までもらえちゃうのと不思議に感じている人も多いのではないでしょうか。その疑問にお答えします。実はカード会社は、カードが1回利用されるごとにお店から手数料を取っているんです。要するに、あなたがカード払いするたびに、カード会社は利益を得るわけですね。カード会社はお店ごとに手数料を決めていて、3~5%の場合が多いと言われています。お店は手数料分だけもうけが減りますが、あなたに買い物をしてもらえました。カード会社は、もっとカードを利用してもらえるよう、魅力的なごほうびをたくさん考えます。あなたはこのしくみを上手に使って、特典&無駄取りをしっかり実現してください。


Q.財布の中のカードは、1枚だけで、大丈夫なの?
A.メインのカード支える「サブカード」を見つけるのもよいでしょう。

「特典カード」は1枚にしぼる!。あくまでもこれが基本です。でも万が一のことを考えて、お財布にもう1枚「脇役カード」を入れておくのもよいでしょう。「特典カード」が、キズや磁気エラーで使用不可能になったり、知らぬ間に利用限度額を超えてしまって使えない、なんてことも絶対ないとは言えません。もしもこれが海外旅行先だったりしたら、とても困り ますよね。サブカードを選ぶポイントは2つ。まずは、「特典カード」とは違う発行会社の力ードを選ぶこと。同じ発行会社のカードを2枚持っていても、利用限度額が高いほうのカードをめいっぱい使った時点で、自動的にもう1枚も使えなくなってしまいます。もうひとつは、よく利用するお店などで、特別な威力を発揮するかどうかです。その意味では「TSUTAYA Wカード」(レンタル料金10%オフ!。)や「タカシマヤカード」(ポイント率8%!)は、名脇役カードと呼べるのではないでしょうか。

カードを1枚プラスすれば海外旅行も安心。

Q.買った覚えのない請求がきました。どうすればいいのでしょう?
A.おかしい!と思ったら迷わずカード会社に連絡しましょう。

カードを不正利用されるのって、確かに怖いですね。だけど怖がりすぎて、「カードを持たないほうがいい」と考えてしまうのは残念なこと。ほとんどのカードには、不正使用の被害額を補償する制度がちゃんとあるんです。明細書を見て「あれっ?」と思ったら、すぐにカード会社に連絡!カード会社ごとに、紛失・盗難時の専用デスクがあり、その多くが24時間年中無休で対応してくれます。ただし補償には期限があることも忘れずに!補償対象は60日前までと決まっている場合が多いので、明細書は毎月必ずチェックしてください。また、暗証番号まで盗まれている場合は、補償されないケースも出てきます。だから「カード会社のものですが、カードの暗証番号を確認させてください」という怪しい電話を真に受けては絶対ダメ!カードに暗証番号を書いておくのも論外です。4枚、5枚とカードを持っている人なら、ほとんど使っていないカードを解約してしまうことも犯罪被害の予防策のひとつです。

カードのトラブルは24時間対応してくれます。

Q.ETCカードって何?
A.高速道路の通行料金を支払うためのクレジットカードです。

いまどきの高速道路は、料金所をノンストップで通過できる「ETCシステム」が当たり前になりつつあります。通行料金は一括で後払いすることになりますが、その支払いに必要になるのが、専用クレジットカードの「ETCカード」なんです。ETCカードは、一般のカードと同じようにカード会社が発行しています。ETC専用カードと、通常のクレジットカードとしても使える一体型カードがあるんですが、専用カードは一般のカードとワンペアで使用します。自分の持っているカードにETC機能がついていないなら、専用カードを追加で発行してもらいましょう。専用カードは年会費無料のものが多く、一体型カードはカード会社によって有料・無料が分かれます。ETCで使用したカード料金にもカード会社ごとのポイントがちゃんとつきます。さらに「早朝、夜間の通行料金5割引」「ETCマイレージサービス」など、お得なサービスが山のようにあります。車をたくさん使う人にとって、うれしい特典カードなんです。

メニュー

 クレジットカードの基礎講座

 電子マネーの基礎講座

 ポイントカードの基礎講座

 おサイフケータイの基礎講座

 特典を上手に貰う5つのルール

 クレジットカードの誤解を解こう

 簡単に分かるマイレージ

 楽天EdyとSuicaの攻略法

 TOPページ

ETC